京都 亀岡市 南丹市で太陽光発電 ソーラー発電のことなら

フリーダイヤル0120-411-410
受付時間/9:00~18:00
お問い合わせ

営農型・高圧型ソーラー

作物を育てながら太陽光発電設備を運営。

農業収入と売電収入が両得できる、新しいスタイル。

産業用太陽光発電事業のトレンドの中でも、いま、最も社会的な注目を浴びているのが「営農型」というスタイルです。営農そのものは継続しながら、農地に支柱を立てて上部の空間にパネルなどを設置するという方法で、「ソーラーシェアリング」とも呼ばれています。

農業経営の改善や地域活性化への貢献を目的とした営農型ソーラーは、農林水産省がガイドラインを設けています。都道府県知事または農林水産大臣の許可のもと農地の一時転用手続きを済ませれば、3年間にわたって「営農が田太陽光発電所」を事業化することができます。上では太陽光発電を、下では耕作を…と、ひとつの農地を極めて有効に活用できるため、耕作放棄地の抑制にも大きな期待がかかっています。

営農型・高圧型ソーラーのメリット

条件さえクリアできればメリット大!

売電部分を重視する場合、農作物は半陰性または陰性植物に制限されることになりますが、日射が少なくても育つ作物を選ぶことで解決可能。発電量と収穫高とのバランスも自分で決めることができます。

税制上でのメリットも魅力のひとつ!

農業収入と売電収入が両得できるほか、農地扱いのため固定資産税や相続税でも有利となります。また、売電事業とは目的が異なるので、耕作放棄地の抑制など従来とは違う視点による税制優遇措置も用意されています。

税制上の優遇措置に関するお問合わせはこちら