京都 亀岡市 南丹市で太陽光発電 ソーラー発電のことなら

フリーダイヤル0120-411-410
受付時間/9:00~18:00
お問い合わせ

余剰買取について

一般家庭なら、もっと気軽にソーラーを。

自分で創って自宅で使い、残った電力を売電へ。
気軽に導入できるのが魅力の個人住宅用発電設備。

全量買取制度を活かした産業用太陽光発電が注目されていますが、一般家庭でお馴染みの「余剰電力」を活用する手法も依然として活発です。余剰電力の買取制度は、産業用太陽光発電の全量買取とは別に用意されています。こちらは一般的な個人住宅の屋根や外壁での太陽光発電が前提で、総発電量からまず家庭内で使った電気分を引き、残った電気があれば売電するという仕組みとなっています。

太陽光発電の固定価格買取制度における売電価格・期間は、設備容量によって決められています。一般的な個人住宅用の発電設備は10kW未満のものとなっているので、この範囲内のシステムでは自動的に余剰買取制度が適用されることになります。逆に、これを超えるシステムは、産業用太陽光発電となります。

住宅用の太陽光発電では、電気代の節約が主なメリット。発電量が小規模なので、気軽に導入できるのがポイントです。

一般住宅の屋根・外壁に設置する際の意外な利点
太陽光発電システムを屋上・外壁に設置する場合、上手にプランニングすれば直射日光を緩和することができます。これによって屋内に熱が篭りにくくなり、結果的に空調負荷の軽減につながることも。使用電力が減れば余剰が多く発生し、売電へ…という好循環を呼び込むことも可能です。

府知事認証の「京都再エネコンシェルジュ」として

「京都再エネコンシェルジュ」認証
手前みそになりますが、弊社は京都府知事より「京都再エネコンシェルジュ」としての認証を受けております。この「再エネ」の理念から具体的な手法までご案内できます。
     

詳しくはこちらまでお問い合わせください。