京都 亀岡市 南丹市で太陽光発電 ソーラー発電のことなら

フリーダイヤル0120-411-410
受付時間/9:00~18:00
お問い合わせ

全量買取について

実家の田畑を、山林を「再生する」方法。

広く使える土地があるなら検討してみたい、
全量買取制度を活用した「産業用太陽光発電」の魅力。

CO2削減をはじめとする「低炭素社会」の実現に貢献する「再生可能エネルギー」として、社会的な注目を浴びた太陽光発電システム。屋根にパネルを設置する家並みの風景はすでに当然のものとなり、「メガソーラー」と呼ばれる国内外の大規模事業者の動向に関するニュースも珍しくなくなった現在は、個人でも「事業化」の視点で語られることが増えてきました。

背景となっているのは、国の「全量買取制度」です。いわゆる再生可能エネルギーとして発電された電気は、電力会社が固定価格で買い取ることが法的に義務づけられているのです。10kW以上の発電量が確保できるシステムの場合、1時間あたり1kW(キロワット)の電力量に対して21円(税別)という固定価格※が定められており、向こう20年にわたって買い取られる※ことになります。これが、近年よく耳にするようになった「売電」「産業用太陽光発電」の基本的な仕組みとなります。

また、税制面でも優遇されやすい点も再生可能エネルギーならではの利点。環境維持に対する社会的な貢献と、長期かつ安定した経済的メリットを両立できるのが、産業用太陽光発電の魅力なのです。

※平成29年度調達価格・調達期間

固定買取制度とは
発電した電力のすべてを一定価格で買い取るよう電力各社に義務づけた制度のこと。太陽光発電の場合、発電量が10kW以上の設備が対象となりますが、この規模のシステムがそのまま「産業用太陽光発電」と呼ばれます。なお、買取価格については、経済産業省に設置される委員会で毎年算定されます。

全量買取に関するお問合わせはこちら