京都 亀岡市 南丹市で太陽光発電 ソーラー発電のことなら

フリーダイヤル0120-411-410
受付時間/9:00~18:00
お問い合わせ

自分の土地に(空き地を有効活用)

何も生まない遊休地を、再生可能エネルギー創出の拠点にする。

全量買取制度の登場によって、導入意義がさらに大きく高まった産業用太陽光発電システム。中でも、その経済的な利点とともにクローズアップされているのが、「遊休地を有効活用できる」というメリットです。

投資歴の長い方なら、ひと昔前までの遊休地活用と言えば、事実上アパート経営か駐車場経営の2択だったことをご記憶でしょう。しかし、市街地でさえ利用者の誘致に苦しむ現代にあっては、郊外の土地ではなおさら厳しいのが現実です。

その点、産業用太陽光発電であれば、設備を設置できるスペースと日照さえ確保できれば、交通便などは一切関係ありません。自宅から離れた田畑や山林などでも問題なく事業化でき、法人であれば工場や事務所の屋根、ビルの屋上、各種跡地などのデッドスペースをそのまま収益源として「稼働させる」ことが可能になります。
逆に言えば、こうした人の出入りがしにくい場所は、設備の定期的なメンテナンスを行えるか否かが重要となります。これさえ確保できれば、長期的な売電収入を期待できるわけです。

ここがポイント!

土地の荒廃対策の決め手として
少子高齢化が進む日本で深刻な社会問題となりつつある放置家屋や田畑。産業太陽光発電は、後継者不足でお悩みの農家にも非常に適した事業となり得ます。
年間発電量は事前に想定することが可能
敷地の面積や方位、積雪条件などから年間の発電量をシミュレーションすることが可能です。詳しくはこちらまでお問い合わせください。

メンテナンスもお任せ下さい!

メンテナンスが命!
意外な盲点は「土地」
全量買取制度は長期的な収入が目指せますが、それには設備の点検やメンテナンスが欠かせません。設備や機器は当然ですが、除草など土地の管理は意外な盲点となるので注意が必要。弊社では、長期管理契約のもと、あらゆる作業をお任せいただくことも可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

維持管理・メンテナンスの詳細はこちら